地震に耐えられる家の特徴とは?

自宅が地震に強い家かどうか分からないという方も多いかもしれませんが、メーカーによって地震への対策や耐震性能は異なりますので、見分けるポイントについて知っておきましょう。

地震が強い家の特徴は幾つかあり、制震装置が備わっていると、地震の揺れを吸収する効果があって住居へのダメージが軽減できるのです。

建築基準法は必ずクリアしていなければなりませんが、それ以上の基礎が備わっていたり耐震等級で最低でも3の認定を取得していると安心できると言えるでしょう。

家は長く住むものですから、初期強度という耐震性を維持できるかどうかも大切ですから、メーカーに聞いたりメンテナンスを定期的に行いましょう。

構造計算は3階建て以上の物件は義務付けられていますが、構造計算を行う事によって間取りなど耐震性のための情報が明確にできるという事ですよ。