防災時に覚えておくべき手順とは?

災害から生き延びるためには、災害発生中に生き延びる知識と災害後に生き延びる知識が必要ですよ。

日本は災害大国ですが、地震や水害の頻度は地形や地域によって異なりますので、災害が少ない地域に住むというのがオススメですから、現在住んでいる地域のハザードマップを確認して引越しも検討すると良いでしょう。

どこであろうと被災する可能性はありますから、土地選びと家選びをする際には防災を意識して頑丈な作りの家に住む事も考えましょう。

家だけでなく室内の防災対策も必要不可欠ですから、家具の固定を行ったり、ガラス飛散を防止するための対策も行いましょう。

災害後に避難するために避難場所を事前に確認しておいたり、持ち出し袋を用意しておいたり、ライフラインが復旧するまで生き延びるために充分に備蓄しておきましょう。