Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

新開発の有効画素数が約,420 万画素のAPS-C サイズCMOS センサーと、映像エンジンDIGIC 6が合わさった機能によって質感や立体感がリアルに描写されている一眼レフならではの高画質を実現しています。

高画素化や最高で7コマ/秒の高速連写を両立をしています。
光学ファインダーを搭載することによって視野が大きく明るい見やすさを可能としています。

CMOSセンサーの画素がバリアングルのタッチパネル式液晶モニターと、デュアルピクセルCMOS AFとの組み合わせたことによってしいボケ味のある動画撮影が可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です