防災グッズを用意しておこう!

災害は、いつ発生するか分かりませんから、今のうちに防災グッズを見直して対策しておきましょう。

まずは、家族分の防災リュックを用意して、3日間くらい生き延びるための水や非常食の他に、水に流せるティッシュや怪我した時のためのアイテム、寝袋やレスキューシート、マスクや簡易トイレは複数個、懐中電灯と電池もあると便利ですよ。

天候を考えてレインコートも用意したり、冬ならカイロは必要不可欠ですし、歯磨きシートや生理用品、下着や着替えも準備しておくようにしましょう。

防災グッズでは色々と必要な物も多いかもしれませんが、人が背負える量には限度がありますので、自分にとって必要な物をピックアップしてリュックに入れておきましょう。

机の下に潜る、はNG?災害時に使える豆知識

地震はいつ何処で起こるか誰にも分かりませんが、もし家に居た時に地震が発生したら、どうすれば生存率が上がるのでしょうか?

学校の避難訓練では机の下に隠れて頭を守るという方法を教えられますが、これは震度が小さい地震の時に使える方法だという事です。

建物倒壊レベルの強い地震が発生した場合には、この方法は当てはまらないという事を知っておきましょう。

頑丈で大きな家具の脇などでうずくまっていた方が助かったり、倒壊しても家具などの隙間で生存する事ができるという事ですよ。

強い揺れが収まった後の避難では、夜間なら懐中電灯、情報収集のためのラジオ、電子マネーが使用できない場合が考えられるため小銭は用意しておくと何かと便利なのです。

家庭の備蓄、防災のために何をしておくべきか?

いつどんな自然災害が発生するかは分かりませんから、日頃から各家庭で日常備蓄をする事が大切ですよ。

家庭で備蓄しておくべき物とは普段の生活でないと困る物ですから、食料や水、さらには生活用品、体調が悪くなる可能性もあるため医薬品も必要ですが、食料には賞味期限がありますので定期的にチェックしましょう。

ライフラインが使えない事も考えられますので、簡易トイレやカセットコンロがあると便利ですよ。

食料の賞味期限が切れていたら廃棄物になってしまいますから、賞味期限が切れる前に食べて新しい物を備蓄しますが、同じような味の物だと飽きてしまいますので幾つかの種類を用意するのがオススメです。

水は1人につき1日3リットルは必要だと言われているので、家族分の水は三日間くらいの量を準備しておきましょう。

災害用段ボールトイレを作る方法

災害時で困る事の一つとして多く挙げられるのがトイレの問題で、簡易トイレも設置されますが、すぐに設置される訳ではない事、そしてどうしても人数に対してトイレが不足傾向になってしまいます。
そこで今回は災害時に段ボールといくつかの材料を使い、簡単にトイレを自作出来る方法をご紹介致します。

使用するのは段ボール3つとペットボトル20本、そしてカッターナイフです。
まずトイレの上段部分を作っていくので、カッターナイフを使って段ボールに長方形の開口部を作ります。
ペットボトルの段ボール買いをしているものだったら、中にペットボトルが入っていると思いますのでそれを全て取り出し、先ほど切り取った端材は後ほど使いますので、今後発生する端材も含めて全て捨てずに取っておきましょう。
そして段ボールをひっくり返した裏面を、今度はペットボトルの底に合わせたサイズに長方形に切り取ってください。
トイレの下にあたる部分には別の段ボールを用意し、先ほど切り取った端材を使って同じ開口部を作ったら、これで上下の部品が出来ましたので今度は組み立て作業に入ります。

最初に残しておいた端材に切り込みを入れていき、下段になる方の段ボール四隅にペットボトルを4本詰め、上部の段ボールを重ねます。
そして先ほど用意した切り込みの入った端材を使って繋げれば、トイレの完成です。

残ったもう一つの段ボールは分解し、便器を使って行きます。
先ほどまでと同じように長方形の穴を明けたら、同じ段ボールにビニール袋を引っ掛ける切り込みを入れて被せればオッケーです。

実際に使うときは便器の切り込みにビニール袋を引っ掛けて、洋式トイレのように使います。